タイトル画像  
   
製品情報 トピックス お問合せ サポート システムのご提案 会社情報 ダウンロード 人材募集 イベント/展示会 リンク

【 ぶるるシリーズ 】     津波はかせ(受注生産) 
   ● 津波模型 
カタログ ダウンロード
PDFカタログダウンロード
tunami.pdf
概要  

津波とは、海域での地震、海底火山活動、及び海底での地すべり等によって引き起こされ、海岸線に押し寄せる高波のことです。 2011年3月11日に発生した東日本大震災による東北地方沿岸を襲った大津波をはじめ、日本国内ではこれまでにも、南海地震(1946)、チリ地震(1960)、日本海中部地震(1983)、及び北海道南西沖地震(1993)など「津波による被害」を被ってきました。「津波はかせ」は、津波の怖さを自ら繰返し実験・観察しながら学べるよう工夫された、地震防災啓発用の教材です。この種の模型としては小型で可搬性に優れ、かつ扱いが簡単ですので、大学の講義や自治体の防災イベントなどに幅広く御活用頂いております。

特長  
この津波模型は、簡易に実験でき、かつ津波の本質と怖さを学習するための学習機材で、以下のような特長を有します。

■ アクリルで密閉された長さ1.5m、厚さ数10mmの板状容器の内部に、アクリルとゴムで作られた海底地形模型を組み込んだ、軽量かつ水を入れたまま運搬可能な装置です。
■ 津波を発生させる海底断層による水位押上げは、造波用シリンダーを手で押下げて発生させることで、体積変化を伴う局所的な水位上昇を簡易に生成出来ます。
■ 造波用シリンダーは中が密閉構造になっていて、シリンダー昇降と水位調整用ロッドの回転で弁の開閉
を組合せて、シリンダー内部に水を蓄えたり吐き出したり出来ます。これにより、簡易に海水位を変えられ、水位による津波伝播速度の違いを実験出来ます。
■ 海底地形は、複数本の短い棒状プラスティックをゴムに接合し、棒の接合点にステンレスを配した、あたかも「自在定規」のような構造の模型です。接合点にはフックがあり、専用の細いロッドを上下させることで任意の地形を作れます。また、接合点に磁石が組込まれ、アクリルの正面に磁石を当てて地形形状を固定出来ます。
■ 海水は水色に着色しており、視認性を高めています。長時間置いても、アクリル表面に色素がこびりつくことなく、メンテナンスも容易です。
■ 模型上面ゴム栓から浮きや人形、防波堤を垂らすことが出来ます。水面に垂らした浮きの動きにより、水粒子の変位に着目した観察が出来るほか、津波のような波長が長い場合と波浪のような波長が短い場合の違いを学べます。また、防波堤は昇降させることが可能で、津波発生時の防波堤の役割を学習できます。

製品一覧 
  強震計
    EPDP-CUBE 311
12cm角キューブに必要機能を凝縮した小型地震計
 
  ETNA 2
次世代Webベース
オールインワン型強震計
  Obsidian
次世代Webベース 4,8,12,24,36チャンネル
高性能地震計/収録装置
 
  加速度計
 
  EpiSensor ES-T
フォースバランス3成分地表型
 
  EpiSensor ES-U
フォースバランス1成分地表型
  HypoSensor
フォースバランス3成分孔中大深度型
  SBEPI
フォースバランス3成分孔中小深度型
 
  速度計
 
  SeisMonitor(GS-1)
動電コイル型1Hz速度計エレメント
 
  Mini Seismometer(HS-1)
動電コイル型2Hz速度計エレメント
  STS-2.5
 高性能広帯域速度型地震計
  MBB-2
 ミニ広帯域速度型地震計
 
  デジタイザー
 
  Q330
3or6成分高ダイナミックレンジ(22ビット)型デジタイザー
 
  Q330HR
3or6成分高ダイナミックレンジ(26ビット)型デジタイザー
  Q330S
準備中
 
  表示・警報・制御用地震計
 
  D-Seis
施設、設備向け警報・表示型地震計
 
  W-Seis
野外救助活動支援用地震検知・警報装置
 
  震度計
 
  N-Seis
気象庁検定対応震度計
 
  
  微動計
 
  びどえる
コンパクト・可搬型 小型微動計
 
 
  緊急地震速報
 
  Z-Seis
企業向け緊急地震速報受信警報装置
 
 
  教育用DVD
 
  木造住宅の耐震化対策
模型実験による木造住宅の耐震化対策のポイントを解説
 
 
  ぶるるシリーズ
 
  スライドぶるる
可搬型の振動台と振動模型
 
  紙ぶるる
ペーパークラフト2階建フレーム
  ピノキオぶるる
木造2階建模型(倒壊)
  津波はかせ(受注生産)
津波模型
 
↑上へ戻る
 
〜  OYO  S・I  ONLINE  INFORMATION  〜