タイトル画像  
   
製品情報 トピックス お問合せ サポート システムのご提案 会社情報 ダウンロード 人材募集 イベント/展示会 リンク

【 表示・警報・制御用地震計 】     W-Seis 
   ● 野外救助活動支援用地震検知・警報装置 
商品画像1
商品画像2 商品画像3
カタログ ダウンロード
PDFカタログダウンロード
w-seis.pdf
概要  
W-Seisは救助現場用地震検知・警報システムで、地震発生後の救助活動におけるレスキュー隊員の安全確保を計る目的で開発しました。
地震災害現場で、余震によるP波をいち早く検知して警報・報知し、主要動が到達する前に作業員が待避するための猶予時間を提供します。
特長  
雑振動の多い災害現場で地震と雑振動を判別するため、以下のA,B,CのAND で判定します。
 A:センサーには速度計を使い、地震と雑振動を区別するためローパスフィルター処理をします。
 B:振動の継続時間を考慮して、継続時間の長い振動を抽出します。
 C:互いに数10m離れた3箇所に地震計を設置し、これらのうち2箇所以上で同時にトリガーがかかった場合、地震を検知した場合、回転灯とサイレンで警報を発します。
現場の環境や操作性を考え、システムの操作は、検知レベルのみスイッチで切替可能です。
仕様  
名称 救助現場用地震検知・警報システム「W-Seis」(ダヴリュサイス)
電源 外部供給AC100V 又は DC12V
内蔵バッテリはDC12V2.3Ah、付属外部バッテリはDC12V7Ah
センサー 速度型地震計(ジオフォン4.5Hz速度計GS-11D)×3
CPU SH-2プロセッサ(SH7144F)
A/D分解能 24bit
サンプリング周波数 100Hz
センサー入力ch数 3ch(上下方向1ch×3)
警報接続 1ch
警報装置 アロー電子製 AHMCK-12Y-D(DC12V駆動、12W)
検知対象周波数 2〜8Hz
検知レベル L(低)0.1cm/s, M1(中1)0.2cm/s, M2(中2)0.3cm/s, H(高)0.5cm/s
報知方式 3点全てで検知レベルを越え、かつ地震波継続条件を満たした場合,警報装置により報知
バッテリ残量表示 2色発光LED。緑は11V以上、それ以下では赤
外形寸法,重量 700mm×410mm×320mm, 約18kg
本体寸法,重量 342mm×295mm×153mm, 約4kg
消費電力 0.4A(警報off時),1.1A(警報on時)
DCバッテリ
使用可能目安時間
(警報が作動しない待機状態にて、フル充電時)
約6時間(内臓バッテリ)、約17時間(付属外部バッテリ)
製品一覧 
  強震計
    EPDP-CUBE 311
12cm角キューブに必要機能を凝縮した小型地震計
 
  ETNA 2
次世代Webベース
オールインワン型強震計
  Obsidian
次世代Webベース 4,8,12,24,36チャンネル
高性能地震計/収録装置
 
  加速度計
 
  EpiSensor ES-T
フォースバランス3成分地表型
 
  EpiSensor ES-U
フォースバランス1成分地表型
  HypoSensor
フォースバランス3成分孔中大深度型
  SBEPI
フォースバランス3成分孔中小深度型
 
  速度計
 
  SeisMonitor(GS-1)
動電コイル型1Hz速度計エレメント
 
  Mini Seismometer(HS-1)
動電コイル型2Hz速度計エレメント
  STS-2.5
 高性能広帯域速度型地震計
  MBB-2
 ミニ広帯域速度型地震計
 
  デジタイザー
 
  Q330
3or6成分高ダイナミックレンジ(22ビット)型デジタイザー
 
  Q330HR
3or6成分高ダイナミックレンジ(26ビット)型デジタイザー
  Q330S
準備中
 
  表示・警報・制御用地震計
 
  D-Seis
施設、設備向け警報・表示型地震計
 
  W-Seis
野外救助活動支援用地震検知・警報装置
 
  震度計
 
  N-Seis
気象庁検定対応震度計
 
  
  微動計
 
  びどえる
コンパクト・可搬型 小型微動計
 
 
  緊急地震速報
 
  Z-Seis
企業向け緊急地震速報受信警報装置
 
 
  教育用DVD
 
  木造住宅の耐震化対策
模型実験による木造住宅の耐震化対策のポイントを解説
 
 
  ぶるるシリーズ
 
  スライドぶるる
可搬型の振動台と振動模型
 
  紙ぶるる
ペーパークラフト2階建フレーム
  ピノキオぶるる
木造2階建模型(倒壊)
  津波はかせ(受注生産)
津波模型
 
↑上へ戻る
 
〜  OYO  S・I  ONLINE  INFORMATION  〜